なぜ田舎と都会で出会い方が違う?それによっても恋愛観は違う?

地方のイメージと言えば、高層ビルなどない低い街並み・人通りの少ない駅周辺・のどかでゆったりとした生活を思い浮かべます。

逆に都会は忙しそうな人々・華やかなお店・高々と聳え立つ高層ビルなど、地方とはまた違った印象です。

こういった周囲の違いからくる私生活の変化が、そのまま出会いの違いにも結び付いてきます。

具体的には、地方での生活は言ってしまえば素朴で、1人で出かけて遊ぶ場所もあまりありません。

そんな日々の生活では寂しいと思いますし、仕事と家の往復で成り立ってしまうような人生に嫌気もさしてきます。

もし、親と同居をしている方なら結婚への催促もあるでしょうから、彼女を探そうと行動に移す人は多いかもしれません。

一方、都会には多くの娯楽があり、1人で過ごしたとしても地方ほどの寂しさはありません。

1人暮らしが多いので、周囲から結婚に対する圧力もなく、自分のペースに合わせた恋愛ができます。

地方と都会との出会いの違いとは?

地方の場合は都会ほどの人口もおらず、異性との出会いを求めたくても、そういったイベントは頻繁には開催されません。

そのため、兎に角、行動あるのみと相談所に登録したり婚活パーティーや街コンや合コンに行ったりします。

しかし、街コンや合コンは名前はよく聞きますが、あまり成功率が高いとは言えません。

合コンは比較的少人数で開催するので、じっくり相手を見極められます。

しかし、選択肢が少ない・費用がかかる・良い人がいてもその人が別の人に気があるなどデメリットも多いです。

その点、街コンは出会える人数は増えます。

ただ、安全面への不安・気楽に参加できるせいか真剣な交際を考えている人は少ない・既婚者が参加している可能性がある、などのデメリットがあります。

婚活パーティーでは真剣な交際を考えている人は多いです。

ですが、トーク時間が限られていたり、参加人数の多さから絞り込みができなかったりします。

そのため、マッチングまで進むこと自体、なかなかありません。

相談所に関しては、年収の証明に源泉徴収の提示や独身証明書の提出などを求められるケースがあり、安全性は高いです。

また、費用が高額な為、登録している男女の本気度が違います。

真剣なお付き合いとして、彼女を探すなら最も出会いに向いています。

ただし、資金に余裕がなければオススメはできません。

これらをふまえて、自分が利用した中で実用的だったのが、人口の多い都会でも地方でも使えるSNSやマッチングアプリを利用する方法です。

時間も場所も関係なく、簡単に相性の合いそうな相手を検索して、アプローチできるのでとても便利ですよ。

しかもいきなり直接会うわけではなく、ワンクッション挟める上に、費用面ではかなり安くすみます。

更に年齢確認のため身分証を提示したり、Facebookを通じて登録を行っているツールも多いので、安全面でも改善されてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です