出合いまではまめに行動を

恋人や将来の伴侶をみつけるのは、ギャンブルと同じようなものです。

学校のクラスや職場の同僚といったものは、自分で選べません。

そのような場所でも、恋人や将来の伴侶をみつかることもあります。

しかし、そのような人に出会えるのは、ほとんど運任せです。

運に任せるのではなく、自分で恋人や将来の伴侶をみつけるためには自ら行動を起こさなければなりません。

その行動の一つが婚活パーティーや合コンと呼ばれるものです。

当然、その婚活パーティーや合コンも1回目で自分の好みの人に出会えることは難しいと思います。

自分の好みの人がいない婚活パーティーや合コンは、面白くないしテンションも下がるでしょう。

しかし、私はそのような婚活パーティーや合コンでも自ら楽しんで、また相手の人にも楽しんでもらうよう、努めることをおすすめします。

自分の好みの人がいない場合、次のパーティーやコンパを待つのは時間も労力もかかります。

この次のパーティーやコンパの設定をなるべく楽にすると、自分の好みの人に出会える可能性がどんどん高まるからです。

婚活パーティーや合コンで、自分の好みの人がいない場合も相手を楽しませ、そのメンバーの誰かと次のパーティーかコンパの約束を取り付けます。

相手の人にとっても、この人の話が面白いと思えば次の約束も取り付けやすいでしょう。

今度その人が連れてくる友達に期待していきます。

その次が駄目ならその次と。そうすることで知り合える異性は増えていきます。

合コンならば、自分のグループから付き合う人がでてくるかもしれません。

そうすれば、その相手の友人と、とパーティーやコンパを繰り返していきます。

相手を楽しませることで、相手から悪い印象を持たれることはあまりないので、次のパーティーやコンパは決まりやすいでしょう。

このように、1回のパーティーやコンパで決めようと考えるのではなく、次の機会をどのように作るかに重きをおきます。

そもそもパーティーやコンパにくる相手の人を自分で選ぶことは出来ません。

そのパーティーやコンパに自分にマッチする人が来たらラッキーです。

だからそのような機会を増やすことの方が大事です。

もし、その何回かのパーティーやコンパで自分の好みの人に出会えた時に勝負をかければいいと思います。

ただこのやり方には注意が必要です。

あまりにも露骨にやると、チャラい人と思われて評価を落とします。

そうならないためには、チームワークが必要です。

次のパーティーやコンパの約束を相手の人にいう人を交代で行う。

2~3回相手を代えたら次のパーティーやコンパまで時間を開ける。

そして、そのグループをキープしながら別のグループを探すとかです。

一生の伴侶を探すためには、恋人になってからもお互い、見きわめる時間がかかります。

とにかく色々な人にあって、この人という人が現れるまで諦めないことが大切です。

婚活サイトやパーティーがだめでも、マッチングアプリだってありあす。

マッチングアプリEXというサイトで、実際に体験談もたくさん投稿されているので、よかったらチェックしてみてください。

私は参考になりましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です