女性への上手なエッチの誘い方は、やさしくと強引さがある

女性への上手なエッチの誘い方は、ソフトに強引に使い分けよう

男性は、女性と付き合うとエッチな事も考えるものです。

「キスがしたい」「エッチをどこでするか」など、年齢が高くなるほど性への関心が高くなります。

女性への誘い方として、やさしくソフトが基本ですが強引にリードする事も必要です。

女性は、エッチがしたい日があるので見逃すな

エッチは、男女恋愛において20歳を過ぎると定期的に行いたいものです。

学生時代なら、勉強やスポーツに励む事が多いですが、社会人になれば恋愛イコールエッチといっても過言ではありません。

交際して3ヶ月経つのに、彼が手を握ってくれない記事がありました。

この場合、男性が彼女を大切にしているか、エッチへの関心が少ないと言えます。

しかし、女性は、意外とエッチがしたい、興味がある人も多くいます。

自分から「エッチがしたい」「抱いて欲しい」と言うと恥ずかしい、イヤラシイと思われるから言わないだけです。

女性がエッチをしたい日は、夜デートの日が多く約束をした日から気持ちが昂るそうです。

1週間に1回夜デートするなら、その日はエッチOKとなる事が多くなります。

エッチは、女性にとってあくまで楽しませてくれたお返しです

男性のエッチと女性のエッチの考え方は、少し異なるので注意が必要です。

例えば、男性は、女性の顔や肉体への興味が強くなり行為をしたいと思う生き物です。

しかし、女性は、精神面の癒しや楽しませてくれたお礼という考えからエッチへ進む事が多いです。

ただ単に性欲や本能のエッチを求めすぎると、女性は敬遠したり距離を置くようになります。

男性が上手に女性をエッチに誘うには、デートの内容や充実感がポイントです。

「楽しい1日をありがとう」と思うデートが出来れば、女性は心を許しエッチを拒否する事なく進めます。

プレイボーイと呼ばれる男性は、女性の好きな事を見抜き楽しませる技術を持っているそうです。

一緒にいて楽しくないデートをしても、エッチな気分にならないのが女性になります。

やさしい誘いから強引な誘いへの時期

交際して最初の1ヵ月は、男性女性どちらも気を使うものです。

紳士的にリードしたり、デートコースを考えたりして新鮮なカップルになります。

この1ヵ月でエッチを行うカップルも多いですが、理想は2ヶ月目半ばが良いでしょう。

1週間に1回デートするカップルなら、2回目で手を握る、3回目でキス、4回目でボディ愛撫、

5回目以降にエッチをすると女性は安心します。

エッチを行う事が早過ぎると、女性は体目当てと思う事があるので注意しましょう。

また、エッチをしたい時、男性はやさしくエスコートするのが基本ですが、交際が2ヶ月を過ぎれば強引にリードする事も良いです。部屋へ入った瞬間、キスをいきなりする、体を愛撫する、ベットへ押し倒すなど女性も強引さを期待する事もあります。

やさしいエッチから強引なエッチなど、メリハリをつけた楽しみ方を実践すると絆も深くなるはずです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です