出合いまではまめに行動を

恋人や将来の伴侶をみつけるのは、ギャンブルと同じようなものです。

学校のクラスや職場の同僚といったものは、自分で選べません。

そのような場所でも、恋人や将来の伴侶をみつかることもあります。

しかし、そのような人に出会えるのは、ほとんど運任せです。

運に任せるのではなく、自分で恋人や将来の伴侶をみつけるためには自ら行動を起こさなければなりません。

その行動の一つが婚活パーティーや合コンと呼ばれるものです。

当然、その婚活パーティーや合コンも1回目で自分の好みの人に出会えることは難しいと思います。

自分の好みの人がいない婚活パーティーや合コンは、面白くないしテンションも下がるでしょう。

しかし、私はそのような婚活パーティーや合コンでも自ら楽しんで、また相手の人にも楽しんでもらうよう、努めることをおすすめします。

自分の好みの人がいない場合、次のパーティーやコンパを待つのは時間も労力もかかります。

この次のパーティーやコンパの設定をなるべく楽にすると、自分の好みの人に出会える可能性がどんどん高まるからです。

婚活パーティーや合コンで、自分の好みの人がいない場合も相手を楽しませ、そのメンバーの誰かと次のパーティーかコンパの約束を取り付けます。

相手の人にとっても、この人の話が面白いと思えば次の約束も取り付けやすいでしょう。

今度その人が連れてくる友達に期待していきます。

その次が駄目ならその次と。そうすることで知り合える異性は増えていきます。

合コンならば、自分のグループから付き合う人がでてくるかもしれません。

そうすれば、その相手の友人と、とパーティーやコンパを繰り返していきます。

相手を楽しませることで、相手から悪い印象を持たれることはあまりないので、次のパーティーやコンパは決まりやすいでしょう。

このように、1回のパーティーやコンパで決めようと考えるのではなく、次の機会をどのように作るかに重きをおきます。

そもそもパーティーやコンパにくる相手の人を自分で選ぶことは出来ません。

そのパーティーやコンパに自分にマッチする人が来たらラッキーです。

だからそのような機会を増やすことの方が大事です。

もし、その何回かのパーティーやコンパで自分の好みの人に出会えた時に勝負をかければいいと思います。

ただこのやり方には注意が必要です。

あまりにも露骨にやると、チャラい人と思われて評価を落とします。

そうならないためには、チームワークが必要です。

次のパーティーやコンパの約束を相手の人にいう人を交代で行う。

2~3回相手を代えたら次のパーティーやコンパまで時間を開ける。

そして、そのグループをキープしながら別のグループを探すとかです。

一生の伴侶を探すためには、恋人になってからもお互い、見きわめる時間がかかります。

とにかく色々な人にあって、この人という人が現れるまで諦めないことが大切です。

婚活サイトやパーティーがだめでも、マッチングアプリだってありあす。

マッチングアプリEXというサイトで、実際に体験談もたくさん投稿されているので、よかったらチェックしてみてください。

私は参考になりましたよ。

私が出会い系を知るまでの歩み

全く興味がなかった出会い系ですが、思いもよらないきっかけで始めてしまいました。

当時、私は2年と少し交際している彼がいました。

付き合い出して間もなく同棲を始め、職場は同じだけど休みがずれるくらいで、一緒にいる時間もたくさんありました。

そうするとやはり、当初の新鮮さは少しずつ薄れていき、なんとなく一緒にいるという感覚になっていました。

そして相手が少し冷めているような感じを察し、これ以上は冷まさせまい!と素直に愛情表現をしたり、料理を頑張ったり、メイクを変えたり、、自分なりに出来ることはやろうと、思い付くことは実践して頑張っていました。

それはもちろん、相手の様子をうかがっている事でもあります。

なので私は常に、あなたには興味ないですよという自然な素振りで接しつつ、アンテナを張り巡らせて彼のことを観察していました。

その甲斐があってかある日、彼がお風呂に入るときやトイレに行くときに携帯を持っていくという、普段とは違うよな?って思う行動をしているのに気づき始めました。

これは怪しい。

絶対に見られたら困ることがあるからそんなことをするんだろうな。

でもまだ何か見た訳じゃないし。

そう思って、しばらく様子を見て過ごしていました。

私はだんだん、彼がお休みの日に何をしているのか気になるようになり、たまに今日はどこかいくの?とか聞くことがありました。

するとやっぱりたまにおかしいな?と思うときがあり、同じように聞いてみると、遊びにいこうか迷ってる。

行かないかもしれない。と答えられ、そうなんだ、と思いつつもどこかしっくり来ないまま私は仕事の時間になりました。

そろそろ出る時間だな、何て思っていると、何故か彼も準備を始めました。

さっきは行かないかもって言ってたのに、当たり前かのように準備をし出す彼。

何か聞き出したかったけれど、迷っているって答えられていたので何も言えずに先に出勤しました。

その日の事は結局分からないままでしたが、その数日後。

今度は彼が仕事で私がお休みの日、いつも通りメールをチェックしていると、何故か彼のアカウントでもログインされていました。

ダメだとは分かっていながら、最近の不思議なことに繋がる何かがあるかもしれない。とついついメールを開いてしまいました。

ここからは、一瞬で地獄に落ちたかのような衝撃と同時に頭が真っ白になり、夢なのか現実なのか分からなくなるくらい信じられない出会い系のメールが多数ありました。

直ぐにでも閉じたいと思ったけど、冷静になって一つずつチェックしました。

幸い、実際に会ったりしていたのは交際前で、私が交際中にはメールだけで留まっていたようです。

しかし、これを知らずに過ごしていたらもっと最悪な事態に発展していたんだろうなと思います。

最初に問い詰めたときははぐらかされそうになり、それにも傷つきました。

そんな事件から、実際にこんな身近に利用している人がいるんだという驚きと、彼がどんなことをしていたのか、その世界を知りたい、と思い登録。

見たことのない世界にまた驚き、ショックも大きかったけど、彼がまた利用するかもしれないので今は観察がてら利用しています。

なぜ田舎と都会で出会い方が違う?それによっても恋愛観は違う?

地方のイメージと言えば、高層ビルなどない低い街並み・人通りの少ない駅周辺・のどかでゆったりとした生活を思い浮かべます。

逆に都会は忙しそうな人々・華やかなお店・高々と聳え立つ高層ビルなど、地方とはまた違った印象です。

こういった周囲の違いからくる私生活の変化が、そのまま出会いの違いにも結び付いてきます。

具体的には、地方での生活は言ってしまえば素朴で、1人で出かけて遊ぶ場所もあまりありません。

そんな日々の生活では寂しいと思いますし、仕事と家の往復で成り立ってしまうような人生に嫌気もさしてきます。

もし、親と同居をしている方なら結婚への催促もあるでしょうから、彼女を探そうと行動に移す人は多いかもしれません。

一方、都会には多くの娯楽があり、1人で過ごしたとしても地方ほどの寂しさはありません。

1人暮らしが多いので、周囲から結婚に対する圧力もなく、自分のペースに合わせた恋愛ができます。

地方と都会との出会いの違いとは?

地方の場合は都会ほどの人口もおらず、異性との出会いを求めたくても、そういったイベントは頻繁には開催されません。

そのため、兎に角、行動あるのみと相談所に登録したり婚活パーティーや街コンや合コンに行ったりします。

しかし、街コンや合コンは名前はよく聞きますが、あまり成功率が高いとは言えません。

合コンは比較的少人数で開催するので、じっくり相手を見極められます。

しかし、選択肢が少ない・費用がかかる・良い人がいてもその人が別の人に気があるなどデメリットも多いです。

その点、街コンは出会える人数は増えます。

ただ、安全面への不安・気楽に参加できるせいか真剣な交際を考えている人は少ない・既婚者が参加している可能性がある、などのデメリットがあります。

婚活パーティーでは真剣な交際を考えている人は多いです。

ですが、トーク時間が限られていたり、参加人数の多さから絞り込みができなかったりします。

そのため、マッチングまで進むこと自体、なかなかありません。

相談所に関しては、年収の証明に源泉徴収の提示や独身証明書の提出などを求められるケースがあり、安全性は高いです。

また、費用が高額な為、登録している男女の本気度が違います。

真剣なお付き合いとして、彼女を探すなら最も出会いに向いています。

ただし、資金に余裕がなければオススメはできません。

これらをふまえて、自分が利用した中で実用的だったのが、人口の多い都会でも地方でも使えるSNSやマッチングアプリを利用する方法です。

時間も場所も関係なく、簡単に相性の合いそうな相手を検索して、アプローチできるのでとても便利ですよ。

しかもいきなり直接会うわけではなく、ワンクッション挟める上に、費用面ではかなり安くすみます。

更に年齢確認のため身分証を提示したり、Facebookを通じて登録を行っているツールも多いので、安全面でも改善されてきています。

相手の女性に依存させるには??

男性と女性の恋愛においては、絵上の立場に立っておいた方が絶対的に有利ですし、ストレスを溜めるようなこともありません。

相手の女性を依存させるためにはどうすればよいのでしょうか。

これから解説するステップを上手く実践することが出来れば、女性はあなたに依存し、離れられなくなります。

女性というのは基本的に男性に比べて承認欲求がとても強い傾向にあります。

化粧をしたり、おしゃれをするのも相手の男性により良く思われたいという孫壮心理の表れです。

女性を依存させるためには、まずはその承認欲求を満たしてあげることからはじめましょう。

承認欲求を満たすには、まずはこちらが下手に出て女性自身に価値を与えるようにします。

女性と会うたびに、そしてメッセージのやり取りをするたびに女性のいろいろなところを褒めるようにします。

大まかに綺麗や可愛いと褒めるよりも、足が長くて綺麗と言ったり、ファッションをぽいんと的に褒めるなど、具体的に褒めた方が女性の心に響きます。

更に性格など、内面の部分を褒めると更に効果的です。

そうすることによって女性のコンプレックスに感じている部分を薄めていくようにします。

すると、女性は褒められることに快感を覚え、こちらとコンタクトを取ることに喜びを感じるようになります。

相手から積極的にコンタクトを取ってくるように会ったら次のステップに進みます。

継ぎは恋愛依存になっているかどうかの確認です。

女性とデートをしているときに、わざと歩くテンポを早めてみましょう。

この時、相手の女性が声をかけてきてこちらが立ち止まるのを催促するようであれば、まだ恋愛依存になっているとは言えません。

もう少しお姫様扱いを続けていきましょう。

一方、こちらの歩くスピードに合わせ、歩くスピードを早めて追いかけてきたら恋愛依存傾向になってきています。

恋愛依存になると、今までは女性の方が優位に立っていたのが、いつの間にかこちらが優位に立つことになります。

恋愛依存を確認したら、今ア?で頻繁にとっていた女性との連絡をこちら側からいきなりストップしましょう。

すると恋愛依存に落ち居ている女性は急に不安になります。

いままではこちらからばかり連絡をしていたのが、女性の方から何度もメッセージを送るようになるでしょう。

そのメッセージも無視します。

女性に今までとは違うと思わせるのが目的です。

不安感を与えることで女性を依存させるというわけです。

街コンは出会いの狩場ではない

合コンや街コンって、なぜだか悪いイメージを持っている人が多いです

最近では街コンも当たり前になってきていますが、最初のうちは悪いイメージを持つ人が多かった気がします。

私は女性が多い職場だったり、異性がいても既婚者ばかりの職場にいたりしたので、出会いは必然的にそういうイベントしかありませんでした。

友人の中にはそんな出会い方で出会う異性は本気度がない人しかいないよと言われるので、一緒に行く人もあまりいませんでした。

頼み込んで一緒に来てもらっても、お金を払わせるのは申し訳ないしなと思ってしまうのです。

なので最近は街コンには1人で参加することが多くなりました。

以前街コンに行ったのですが、その時は開始時間よりも少し早めに会場に到着しました。

私は結構人見知りをしてしまうタイプなので、そんな時はどうしてもスマホを眺めていることが多いんです。

その時も私は同じようにスマホをにらめっこしていました。

そんな私に1人の女性が声をかけてくれたのです。

女性も1人で参加したようで、1人は気まずいからと声をかけてくれたのでした。

正直驚きました。

何度も街コンに参加しているけれど、女性に話しかけられるの初めてだったんのです。

女性は私よりも3つ年上の方で、なかなか彼氏ができずに参加していたら、周りには彼氏ができて1人でくるようになったというのです。

そこで私も自分の自己紹介をして、ラインIDの交換をしました。

その日の街コンはまったく収穫はありませんでしたが、その日その女性と反省会と称して二次会に行きました。

飲み会ではお酒がすすみ、私たちは婚活協定なるものを組みことにしました。

相手に有利な情報は教え合ったり、相手の理想のタイプの人を知っていれば紹介するという協定です。

私は酔っていて、そんなのは社交辞令だろうとノリでOkを出したのです。

すると翌日、女性から自分の職場の男性を紹介したいとラインがきました。

○○ちゃんのタイプに合っている気がするから紹介したんだ〜こんどみんなで飲もうという内容でした。

本当にこんなことがあるのかと驚きましたが、飲み会をすることにしました。

それから彼女とは今でも友達だし、私は彼女が紹介してくれた男性とお付き合いをしています。

街コンって異性との出会いの場というか、狩の場だと思っていたのですが、仲間を増やすことで出会いの数は広がるんだなと身をもって体験しました。

異性だけではなく、同性とも仲良くなることで出会いの質も数も大幅にアップできるんです。

女性への上手なエッチの誘い方は、やさしくと強引さがある

女性への上手なエッチの誘い方は、ソフトに強引に使い分けよう

男性は、女性と付き合うとエッチな事も考えるものです。

「キスがしたい」「エッチをどこでするか」など、年齢が高くなるほど性への関心が高くなります。

女性への誘い方として、やさしくソフトが基本ですが強引にリードする事も必要です。

女性は、エッチがしたい日があるので見逃すな

エッチは、男女恋愛において20歳を過ぎると定期的に行いたいものです。

学生時代なら、勉強やスポーツに励む事が多いですが、社会人になれば恋愛イコールエッチといっても過言ではありません。

交際して3ヶ月経つのに、彼が手を握ってくれない記事がありました。

この場合、男性が彼女を大切にしているか、エッチへの関心が少ないと言えます。

しかし、女性は、意外とエッチがしたい、興味がある人も多くいます。

自分から「エッチがしたい」「抱いて欲しい」と言うと恥ずかしい、イヤラシイと思われるから言わないだけです。

女性がエッチをしたい日は、夜デートの日が多く約束をした日から気持ちが昂るそうです。

1週間に1回夜デートするなら、その日はエッチOKとなる事が多くなります。

エッチは、女性にとってあくまで楽しませてくれたお返しです

男性のエッチと女性のエッチの考え方は、少し異なるので注意が必要です。

例えば、男性は、女性の顔や肉体への興味が強くなり行為をしたいと思う生き物です。

しかし、女性は、精神面の癒しや楽しませてくれたお礼という考えからエッチへ進む事が多いです。

ただ単に性欲や本能のエッチを求めすぎると、女性は敬遠したり距離を置くようになります。

男性が上手に女性をエッチに誘うには、デートの内容や充実感がポイントです。

「楽しい1日をありがとう」と思うデートが出来れば、女性は心を許しエッチを拒否する事なく進めます。

プレイボーイと呼ばれる男性は、女性の好きな事を見抜き楽しませる技術を持っているそうです。

一緒にいて楽しくないデートをしても、エッチな気分にならないのが女性になります。

やさしい誘いから強引な誘いへの時期

交際して最初の1ヵ月は、男性女性どちらも気を使うものです。

紳士的にリードしたり、デートコースを考えたりして新鮮なカップルになります。

この1ヵ月でエッチを行うカップルも多いですが、理想は2ヶ月目半ばが良いでしょう。

1週間に1回デートするカップルなら、2回目で手を握る、3回目でキス、4回目でボディ愛撫、

5回目以降にエッチをすると女性は安心します。

エッチを行う事が早過ぎると、女性は体目当てと思う事があるので注意しましょう。

また、エッチをしたい時、男性はやさしくエスコートするのが基本ですが、交際が2ヶ月を過ぎれば強引にリードする事も良いです。部屋へ入った瞬間、キスをいきなりする、体を愛撫する、ベットへ押し倒すなど女性も強引さを期待する事もあります。

やさしいエッチから強引なエッチなど、メリハリをつけた楽しみ方を実践すると絆も深くなるはずです。”

常連さんとタバコと恋のはなし

初めての一人暮らしをスタートさせてすぐに初めてのアルバイトを始めました。

家から近いという理由だけで選んだのは何の変哲も無いコンビニのレジ。

仕事は覚えてしまえば流れ作業で、ぼーっとする時間も多く、どちらかというと暇でしたが、半年もする頃には常連さんに顔を覚えてもらえるようになり、話し相手ができたので、そこそこ楽しんで働いていました。

常連さんはほとんどがおじさんでしたが、そのなかでも一人だけ、私より少し年上で背の高い、ハーフのような顔立ちので、いつも同じタバコを2箱とブラックサンダーを買っていく男性がいました。

「ブラックサンダー、おいしいですよね、私も好きなんです。」
無意識に、口から出た言葉でした。

いきなり話しかけてしまったので、相手も一瞬驚いた顔をしましたが、すぐに顔をくしゃとさせて「また買いにきます」

その日から、毎日夕方18:00すぎに現れるようになったこの常連さんと私のお話です。

私が働いていたコンビニの裏には、医療系の専門学校があって、そこの学生さんもよく買い物にきていました。

私はすぐにこの人がそこの学生さんだと気付きました。

いつも同じタバコを買うので、この人がレジに来ると同時にタバコを2箱用意するのが習慣になりました。

「よく覚えてますね、いつもありがとうございます。」

初めて話してから一週間。もう一つ気づいたことは笑うとすぐに顔が真っ赤になること。

もともとハーフのような綺麗な顔立ちで、身長も180センチくらいあったので普通にしているとすこし怖い印象でした。

ですが話すとシャイで恥ずかしがり屋で、照れ屋さんなんだとわかりました。

年上だったし、そのギャップがかわいいなあと、話すたび心が和んでいました。

バイトを始めて3ヶ月が経った頃。

今日も同じタバコとブラックサンダーを買いにきた彼は、なんだかお疲れ気味だったので、「なんだかおつかれですか??元気がないようにみえたので」と声をかけました。

すると「そんなことないんだけど、あーうん、疲れてるかも。いま試験続きでさ」

彼はリハビリの勉強をしていた。

私は医療のことはなにも知識がなかったので、相談に乗れるわけでも、ましてはそこまで親しいとも言えない。

しょせんはバイトと常連さんという関係でしかなかったため、うわべの言葉しかかけられなかったが、彼が現れるたびに何気ない言葉で励ましていた。

「試験おわったら、なんかご褒美くれる?」

試験まで一週間というとき、いつも通りタバコを買いにきた彼はこういった。

「ブラックサンダー?笑」

私が少しふざけると、「・・・デートとか。」

小声で彼は言った。

私はからかわれていると思った。
だって、彼はすごくモテていたから。

よく友達と買い物にきていたので、会話の内容はよく聞こえていた。

告白を受けているという話は何回も聞いたし、買い物に来る女の子のなかでも「あの人とお友達なんですか?」と聞かれたこともあったから。

「はいはい、試験までもう少しなんですから、年下からかうのはやめて集中してくださいね、」

そのときの彼は少し寂しそうな顔をしたけど、すぐにいつもの笑顔に戻ったから「やっぱりからかってたんじゃん。」と思った。

私はきっと傷つくのが怖かったんだとおもう・・・・

試験も終わった頃、私は彼氏ができた。同じ学校のひとだった。

バイトを始めて、1年が経った。

その日は店長に言われて遅くまでバイトとなった。

22:00

いらっしゃませーと言った先には彼がいた。

「今日、何時に終わるの?」

「もうすぐです。どうかしましたか??」

「少し時間もらえるかな、裏で待ってる。」

私が返事をするまえに、彼はお店を出ていった。

自意識過剰と言われるだろうが、それがなにを意味しているか。
これからなにを言われるのか私はわかっていた。

彼に告白される。

私は彼が待っているところへむかった。

まっすぐに私をみて、一言だけ言った

「好きです。」

聞きたくなかったと思った。

この返事をしたら、今まで通りこの人と話せなくなる。

でも私は、「ごめんなさい」

そう、一言だけ告げてその場を去った。

歩いて歩いて、家に着いたとき、私は顔が濡れていることに気づいた。

きっと私は彼が好きだった。

それから数日、久しぶりに来た彼に、私はいつも通りタバコを2箱用意した。

「〇〇番のたばこで。」銘柄は変わっていた。

少し寂しいような気持ちになったけど、たぶんこの時、私たちは別の道を踏み出した気がした。

自分に合った出会い方を見つけよう

様々な出会い方があふれた世の中で、結局はどれを選択したらいいか分からなくなることもありますよね。

十人十色とはよく言ったもので、出会い方もまさにその通りです。

特に都会には、1日中でもそういった機会はあるのですから、もうお手上げです。

では、自分に合った出会い方を見つけるには、どうしたらいいでしょうか?

自分にあった出会い方をみつける方法3選

その1:まずは考える

まず、自分に何ができるか考えるところから始めます。

積極性があるならナンパでも良いです。

奥手で大人数が苦手なら、比較的人数の少ない合コンに行きましょう。

更にお金に余裕があれば、相談所の利用もオススメです。

時間に余裕があるなら、友達からの気楽な付き合い感覚で始められるSNSも良い方法です。

その2:決めた方法を実践する

次に取り掛かるのは、始めると決めた方法を実践することです。

当たり前な事ですが、ここで行動に移せないようでは意味がないので、後でもできるからと先延ばしは辞めましょう。

そして、大切なのがいつまでにはこういった行動すると期限を決めて動く事です。

その3:あきらめない

最後に大切なのは、仮に間違ったとしても失敗したとしても、諦めないことです。

もし、1つ目の方法がダメだったからと言って、投げ出してしまっては彼女との出会いは望めません。

他にも方法は色々とあります。

自分に合ったものを見つけられるまでは、実践が一番です。

田舎にいても効率的に出会いを求めるなら?

さて、都会の出会い方は色々ありましたが、地方では望みがないのかと言うと、そうではありません。

上記のような出会い方も人数や機会は減りますが、可能です。

それにネットの発達した現代では、直接的な方法が少なくても、間接的な方法からのアプローチもできます。

つまり、ネットのツールを使用することで、出会いの幅を広げるのです。

上記のようなSNSやマッチングアプリといった手段もありますが、他にも出会い系と呼ばれる方法があります。

中でも自分も使ったことのあるPCMAX・ハッピーメールと呼ばれるサイトはおススメできます。

理由としては、累計の登録者数がPCMAXが1000万人以上ハッピーメールは1600万人以上と多いことです。

累計とは言え、他のサイトに比べてこの数はかなりなもので、現在でも増え続けています。つまり、これだけの人数が利用してきていれば、地方にいても比較的簡単に出会いを求める事ができます。

また、両方とも開設から15年以上の老舗です。

という事は多くの方に利用されているのに、閉鎖になる程の大きな問題もなく運営できている事が分かります。

実際使ってみると、業者やキャッシュバッカ―との遭遇などのトラブルが、他のサイトに比べて比較的少ないという印象があります。

ただし、共通して言えるのはいくら安全性が高いとしても、全く問題が無い訳ではないので注意が必要ということです。

顔が見えない以上、ネット上でのやり取りだけでは、業者やキャッシュバック目的の女性かどうかは、はっきり分かりません。

今まで出会った人たちの中で怪しかったのが、話の途中から金銭的な話題がいきなり出たり、気があるような思わせぶりな話ばかりで、実際にはなかなか会えないなんてこともありました。

上記のトラブルはこういったサイトではどうしても、出てきてしまう問題点ではあります。

しかし、費用も比較的やすく手軽に異性との出会いが期待できるツールなので、この方法も考えに入れても良いのではないでしょうか。

都会と田舎での出会い方

都会の出会い方には、地方にない多くの魅力があります。

また田舎には田舎なりの出会い方があります。

しかし、それらを活用できなければ無用の長物となり果て、まったく意味を成しません。

では、具体的に何をしていけば活用できるのでしょうか?

都会での出会い方は趣味をつくること

まずは、自分が都会に来てまで求めていた出会いとは何か、しっかりとしたビジョンを持つことから始めましょう。

例えば地方では、経験できない趣味を通じての出会いです。

他にも都会でないとお目にかかれないような、ハイスペックな女性との出会いなど目標を具体的に思い浮かべて考えていきます。

次に、そこに向けて何をしていけばいいのかプランを立てて行動していきましょう。

基本的には目標とした相手の女性にアピールできるように、自分磨きをしていきます。

趣味を深めるために、サークルに入ったり(運が良ければここで出会いがある)、相手の女性に恥ずかしくないようにスペックを上げたりします。

他には、何事にも必要なお金を目標金額まで貯めてみるなど、やることはとても多いです。

最後に最も大切なのは、都会に出れば出会いが多いのだからと、油断しないことです。

出会いは一人では勿論成しえないことですから、相手に恥ずかしくないように自らもしっかり行動することを、忘れないようにしましょう。

趣味を増やすと田舎でも出会いが増える

豊かな自然の中での運動は爽快感があり、とても心地の良いものです。

そんな中で、素敵な出会いにめぐり会えるチャンスもあります。

都会からでは山に行くにも森に行くにも、そう気楽に行けるものではありません。

ですが田舎なら、比較的ラクに行けるどころか、家のすぐ近くに山や川がある方もいると思います。

まぁどれくらいの田舎なのかにもよりますが・・・

アウトドアスポーツはストレスの多い現代では、とても有効な気分転換になります。

都会から電車や車で数時間かけてハイキングや登山に来る方は多く、山ガールなんて言葉も流行りました。

自分の体力作りにもなりますし、観光で来た女性との出会いを増やす方法の1つにもなります。

登山道具に費用をかけたくないけど、スポーツをしたいなら、大人数で参加できるものがオススメです。

例えば、バレーやフットサルなど色々とサークルで活動している、社会人向けのものがあります。

大人数での一体感や力を合わせて勝利できた時の達成感を通じて、気になる方と距離を縮めてみてはどうでしょうか?

スポーツが苦手な場合でも、文科系の社会人向けサークルがありますので、探してみて下さい。

趣味を増やすことは、交流の機会を増やすことに結びつくので、様々なものに挑戦することはとても良い方法です。

マッチングアプリを利用する

やっぱり王道にして最強の手法が、マッチングアプリの利用です。

なかでも恋人づくりにオススメなのが、Omiaiです。

実際に恋人をつくっている人はたくさんいますからね。

最初は「アプリで真面目に付き合える人が見つかるのかな?」とか半信半疑だったんですが、今はomiaiを使って本当によかったと思っています。

あの時omiaiをしてなかったら、今の幸せな結婚生活もなかったと思うから。

参考:omiaiで彼氏を見つけるまで|29歳ふち子のomiai記録

できる限りのジェントルマンを演じる

私が異性とデートをするときに心がけることは、とにかくやさしい自分を見せることです。

女性でも男性でも好きな異性のタイプと聞かれて「優しい人」と答える方は多くいます。

そこから私はやさしい人だと思わせるように、自分の振る舞いや行動を変える意識をしました。

具体的に言えば、ほんの小さなことですがハンカチやティッシュを常備してすぐに貸せるようにしたり、ご飯を作ったりなどとにかく気が利くところをアピールすることで自分は恋愛をしてきたと思います。

自分では本当はやさしくもなく、他人に何かしてあげるのなんて面倒だし興味もないといったつまらない人だと思っています。

ですが、やはりそれではうまく恋愛には発展しなくて。もう少し自分が良いところがある人だと思わせることが恋愛においてまず初めにできることなのではないかと気づきました。

演技をずっと続けるのは無理があるしいつかバレてしまうけれど、やはり最初が肝心と自分は確信しています。

最初に良い印象を持ってもらえないとなかなかうまく発展していかないし、逆に最初にうまくアプローチできれば案外うまくいったりもするのでこの部分を自分は大切にしています。

私は少し前に長く付き合った彼女と別れてしまったため、一度出会い系サイトを利用してみようかなと思っています。

正直これまでに利用経験がないため、どんな方と出会えるのかわからないし本当にサイトの情報通りの人なのか不安に思う気持ちも多少あります、

ですが、友人も出会い系サイトを用いて彼女ができうまくいっているという話を聞いたため、自分も始めてみようかなという気持ちが強くなっています。

また以前から可愛いと思っていた女性が、最近交際相手が欲しいとの理由で出会い系サイトに登録して実際に異性と会ったという話も聞いて、出会い系サイトであんな人と出会えるならますます始めてみたいという気持ちになりました。

もし出会い系サイトに自分が登録して、会ってみたいと思う人ができ実際に会えたなら、これまでの恋愛のやり方でできる限り自分をアピールしていきたいと思います。

そして実際に会ってみてうまくいかないと思ったら、そのときはあきらめずまた別の人にアタックしていこうと思っています。

自分が女性でもやはり優しくしてくれる男性には悪い印象を持ちにくいと思うので、失敗するまではこれまで通りのジェントルマンを目指してふるまっていこうと思います。

出会い系サイトで理想の異性の方と巡り合えることを期待しています。

出会うことって本当に難しいと感じる

女性と出会い、話が盛り上がるには好きなものやこだわりが共通していないと、無理ではないでしょうか?

ただ単に世間話で共感を得るには、どんな話題があるのかとイメージすると、住んでいる場所や行く店、車や酒、食べ物などしか私には思いうかびません。

それによく行く店、車などとなると、金もなく外出しない私にとって話題をひろげることはできません。

というか、よく考えると現在はfacebook、LINEなどSNSは異性ならずとも初対面でコミュニケーションを続けていくのには必須と思います。

ですが必死で出費をおさえ、ガラケーでやりくりしているものにとって、この第一ハードルをこえるのは大変かと思います。

プライベートなことをカミングアウトしてしまうと、私は精神疾患で通院しているので働くのは難しく日に3400円しか収入が無く53歳となった私には、つきあうのは同じ疾患を抱えた女性しか考えられないと思います。

しかし、この病をもった女性は情緒的に多分に一定していないところがあり、つきあっていくのにもコミュニケーションをとるのにも難しい所が少なからずあります。

それでも単にお茶を飲む程度の友達でも、一般の健康的な女性にその対象を作るのは難しいところが私にはあります。

やはり友達でも私と同じ通院している女性に求めざるを得られないのです。

そこで病院にはデイケアといってリハビリや生活のリズムをつくるためのデイケアという空間があります。

ここでは異性でも同性でも、友人や仲間を作ることが可能です。

そこから異性の友達を作るのも可能ですがやはり、私は一般女性と付き合いたい、友達でもいいという気持ちが強いです。

53年間の人生で異性とつきあったこともデートもしたことがない私が、危険なことはさけながらでも挑戦してみたい。

まず思いついたのがワンコイン語学教室というやつでした。

そこでは語学に対してそんなに強いモチベーションを持っていなくても、互いに目標や願望が共通しているので会話のきっかけができるのではないかと思ったのです。

そう、なんと話しかけれるかどうかというシチュエーションがスタート地点なのです。

であれば自分の興味のある習い事にいってみることが考えられます。

今、女性にシェイプアップで脚光をあびているキックボクシングジムにも私は興味があるので通い始めたとして月1万数千円です。

動機は不純といわれてもこれぐらいしか方法はない。

まぁわたしが思うに、出会うのって難しい。

PCMAXみたいなサイトなら出会うのも簡単かもしれないとも思いますが、それでもわたしには難しいでしょう。

そもそも話しかけれて会話できたとしても、まずとっかかりは「お仕事は何をしてらっしゃるんですか?」ですよね。

やはり国民の義務、勤労をしていないと女性と恋愛はできないのかと落ち込んでしまいます。

レベルの高い彼を早急にGETする方法とは?

高収入の男性限定でお見合い相談にいったり、友人の紹介で出会った人もたくさんいました。

ハイスペックな彼らが女性に求めるものは、経済的に自立した女性。

そしてお金目的ではない、仮にそうであったとしてもそれを感じさせない女性だとおもいます。

又は、モデルや女優さんの様な美しい女性が好きだという方もたくさんいます。

容姿端麗であれば誰でもいいというのは、あくまでも遊ぶ時の話だとおもいます。

実際は、綺麗でなくてもお金持ちの奥さんをみていると上品でコミュニケーション能力が高く社交の場に同席しても恥ずかしくないひとというのが多いとおもいます。

中には綺麗で社交性があり、旦那様を立てるのがうまいなんて方も見受けられます。

私は、ハイスペックな男性を落とそうとするとき、お食事に誘われる様に作戦を立てています。

ある有名な方のバースデーパーティーで出会ったハイスペックで奥様や彼女がいない男性を落とすことができました。

お食事をしていると、可愛いね、ライン教えてと言われ即okしました。

その日から毎日彼から連絡が来るようになり、嬉しかったです。

そのとき、どうしたら食事に誘ってもらえるか考えてやってみたことがあります。

それは、1日1回自分の写メを相手に送ること、次にパジャマにメガネ姿の写メを送ることでした。

意外におもわれるかもしれませんが、普段ばっちりメイクしている女性が、夜寝る前にメガネにパジャマになる姿というのは男性うけ抜群です。

彼は私にメロメロになってしまうのです。

あとは、目に怪我をしていなくてもわざと眼帯を装着し、デートにいってみると意外と男の人は喜びます。

大丈夫なんて聞かれたら、ものもらいになっちゃってすごく痛いのといってみたり、ホットビューラーで火傷してしまって痛かったというと男性は本能で弱っている女性が可愛くみえるというのもあります。

アイドルがよく眼帯をつけていますが、あれもこの方法の1つだとおもいます。

眼帯をして1度デートに行くのとプラスアルファーでやると効果抜群なのは、デートの前に眼帯をつけて可愛く撮れた自撮りの写メを彼に送ることですね。

時間帯としては彼が夜寝る前がいいですかね?

眼帯なんてマニアしか喜ばないとおもうかもしれませんが、男の人は大半喜びます。

心配といじめたいという2つが掻き立てられて興奮してしまうようです。

これらの作戦によりこれまでに某企業の御曹司、医者、公認会計士etcを落としてきました。

コンパや職場での出会いは長く続きます

44歳の男性サラリーマンです。

私の恋愛経験では、コンパや職場で出会った人と付き合った場合、長く続くことが多かったので、その体験談を踏まえて、知り合うきっかけやポイントを記入してみたいと思います。

まず、コンパも職場も相手の身元がはっきりと分かるという安心感があります。

実際、私も妻と知り合ったのは、コンパでした。

きっかけは、私の友人が誘ってくれたコンパだったのですが、その時、5人とも可愛い女性だったことを覚えています。

結局、これがきっかけで結婚できたので、参加したのは、間違いではなかったと思います。

確かにコンパきっかけで、長く続くケースは少ないのかもしれませんが、何度も参加している内に、次第にフィーリングが合う女性が現れますので、セッティングが上手い友人がいれば、積極的に参加してほしいと思います。

ここでポイントとなるのは、セッティングが上手い友人を見つけることだと思います。

しかし、簡単にそういった友人を見つけるのは難しいかもしれません。

もしそういった友人がいないのであれば、自ら、市が主催する街コンなどに参加するのも手かもしれません。

もちろん玉砕することも多いですが、たくさんの中から良いと直感で感じた女性は、ゲットできた後もその感情が変わらないことが多いと思いますので、是非、コンパを活用してほしいと思います。

あと、職場恋愛についてもおすすめしたいと思います。

結果として私はその女性とは別れましたが、同じ部屋で勤務をしていたわけでありませんでしたので、別れた後もあまり気にはなりませんでした。

ただその時、私がフラれた形でしたので、意識をしないように強がっていただけかもしれませんが。

職場恋愛をおすすめするのも、相手の身元がはっきりしているという点とじっくりと人柄や性格を見極めることができるからです。

私が付き合っていたのは、同じ会社の2つ年下の女性社員でしたが、本当に付き合いたいと思える素敵な女性でした。

入社した当初から彼女の事を知っていましたが、深く彼女の事を意識することはありませんでした。

しかし、彼女が入社して3年が経った時、会社の記念行事プロジェクトで一緒に仕事をすることとなりました。

そんな中、彼女も私を気に入ってくれたのか、ご飯を食べに行きましょうとアプローチがありました。

その後、彼女と二人で、何度か食事に行くようになる内に恋愛感情が芽生え、付き合い始めました。

結局、2年程付き合いました。

結婚に対する考え方の違いから別れることとなりましたが、、毎日会えますし、こちらの仕事事情も充分理解してくれていたので、仕事のことを理解してくれないというストレスはありませんでしたので、職場恋愛についてもおすすめさせて頂きます。